長距離トラックドライバーのメリット

人との関わりが少なくて済む

長距離トラックドライバーの仕事では、トラックの運転をしている時間がほとんどなので、他人と関わることを極力少なくすることができます。積み込みと荷下ろしの際には、さすがに挨拶ぐらいは必要ですが、基本的に運転中は何時間も車内でひとりきり。対人関係に悩んでストレスを溜めることもないので、他人との付き合いが煩わしくて敬遠している場合は、かなり快適な環境で仕事ができるでしょう。また、トラックの中は個室同然なので、運転しながら好きなラジオや音楽を聴いたり、時には窓を開けて外の空気を吸ったり、誰に断ることなく、思う存分ひとりの時間を満喫できます。その為、どんな仕事も長続きしなかったのに、長距離トラックのドライバーだけは続けることができているというドライバーもたくさん存在しています。

全国各地、いろいろな場所に行くことができる

長距離トラックドライバーをしていると、全国各地、かなり遠くまで仕事で行くことが日常的になってきます。そういうこともあり、銀色の雪景色から、満開の桜、コバルトブルーの海など、各地の四季折々の絶景を数多く目にすることができるようになります。また、夜明け前や夕暮れの美しい空を、トラックのフロントガラス一面いっぱいに楽しんだり、仕事の合間にそういった写真を撮ることを趣味にしているドライバーも多く、仲間同士でSNSでシェアすることを楽しんだりもできるのです。

また最近はサービスエリアが充実していることもあり、何回か立ち寄ることで詳しくなり、定期的にその土地の美味しいご当地飯を食べて回ることもできます。長距離トラックドライバーの仕事をしていれば、普段からそういった美しい景色やご当地飯に出会うことが可能になります。

トラックドライバーの募集は、事業拡大を目指す大手の会社から、人手不足の小規模の会社まで様々な場所で行われており、大型や中型免許があれば採用後すぐに勤務を開始することも可能です。