短距離トラックドライバーのデメリット

収入が安定している反面稼ぎにくい部分もある

短距離トラックドライバーは運送会社の下請けとして仕事を受注するケースが多く、給与は月給制となっていることがほとんどです。そのためサラリーマンのように収入が安定しているというメリットがある反面、一般的なトラックドライバーのように歩合制でお金を稼ぎにくいというデメリットを持っています。トラックドライバーとして働きたいと考えている人の中には、がっつりお金を稼ぎたいと考えている人も少なくありません。もちろん安定した収入を得ることができるという点は短距離トラックドライバーの魅力ではありますが、お金を稼ぎたいと考えている人にとってはデメリットと捉えられることもあるのです。 このためトラックドライバーでお金を稼ぎたい場合は、短距離以外のドライバーを検討することが推奨されています。

仕事が単調になりやすい

長距離や中距離のトラックドライバーも例外ではありませんが、短距離トラックドライバーのデメリットとして仕事が単調になりやすいという点も挙げられています。短距離トラックドライバーは一般的にルート配送と呼ばれるような仕事が多く、依頼された荷物を指定された小さいエリア内の店や事務所などに配送する仕事になります。担当するエリアは決して大きくはないのでトラックで走っている時間と同じくらい、荷物の上げ下ろしや運搬の作業が多くなりがちです。また届ける相手や依頼相手が固定化しやすく、慣れてくると同じルートでずっと同じ仕事を続けることになるケースも珍しくありません。

このためどうしても仕事が単調になりやすく、飽きやすい点がデメリットとされています。

トラック運転手の募集は所得が高く記載されていることがあります。手当や残業代込みの可能性があるので確認することがポイントです。