短距離トラックドライバーのメリット

運転による身体への負担が比較的少ない

一口に短距離ドライバーの仕事といっても、個人宅へ小包みを配送するものから、工場あるいは店舗等へ資材や製品を輸送するものまで、幅広く多岐にわたります。そして運送パターンも、単純なルートを往復するケースや、狭く限定されたエリア内を巡回するケースなど、業種や運送会社によって様々です。とはいえ、どのような業種の短距離ドライバーの仕事であっても、移動距離が短い点では共通します。同時にトータルの運転時間も少なく済むので、長距離ドライバーと比べれば、運転による身体への負担が軽くなるのがメリットと言えます。このため短距離ドライバーとして数多くのシニア世代や女性が活躍するケースも、業種や運送会社によっては目にすることができます。

運転に必要な免許も比較的取得しやすい

短距離ドライバーが運転する車両も、業種や運送会社によってまちまちです。ただし大きい車両であっても、せいぜい2トンから3トン車クラス。小さいものであれば、軽貨物車を主力としているケースも珍しくありません。したがって短距離ドライバーを希望する場合には、あらかじめ中型自動車免許を取得しておくことで、ほとんどの運送業者に対応できるはずです。もちろん軽貨物車のドライバーならば、普通自動車免許だけでも十分でしょう。ちなみに中型自動車免許は一般の教習所で、普通自動車とほぼ同じ教程で取得することが可能です。大型自動車免許のように条件が厳しくないため、運送業界の経験がない方でも比較的簡単に取得できるのが、魅力的なメリットと言えます。

トラック運転手の転職に必要な資格は大型自動車運転免許、フォークリフト等の資格が必要ですが、会社によっては無資格で採用後、会社の経費で資格を取得させてもらえる会社もあるので、転職に必要なのはやる気です。