長距離トラックドライバーの求人の選び方

給料の良い会社を選ぶ

運送業は人手不足に悩まされており、求人サイトではたくさんの求人情報を見つけることができます。長距離トラックドライバーの給料の相場は年収450万円から750万円ほどとなりますが、できるだけ高い給料の会社を選ぶのが良いでしょう。長距離トラックドライバーの給料は、仕事量によって高くなるわけではありません。仕事量が少なくても大手の方が給料が高く、小さい会社は仕事量が多いうえに給料が安い傾向があります。相場から大きく外れた給料を提示する会社は何らかの問題がある可能性もあるので避けるのが無難ですが、相場の範囲でできるだけ高い給料を支払う会社がおすすめです。また、給料が高い方が仕事へのモチベーションも上がるでしょう。

福利厚生がしっかりしている

長距離トラックドライバーの仕事は、運転だけでなく荷物の運搬もあるため肉体的にも疲れます。しっかりと体を休め、時にはリフレッシュすることも大切です。そのため、福利厚生がしっかりしている会社を選ぶのがベターです。有給休暇がきちんととれるほか、健康診断を実地してくれる会社は安心して働けます。特に、長距離トラックドライバーはストレスがたまりやすい仕事で、精神面が病んでしまうと大きな事故につながりかねません。ストレスチェックテストなども行ってくれる会社は、従業員のことを大切にしているといえます。そのほか、離職率が低い会社は労働環境が良いという目に見える証拠であるため、離職率をチェックするのも忘れないようにしましょう。

普通免許で応募できるトラック運転手の求人もありますが、大型や中型の免許が必要な場合が多いので、必要な資格や応募条件に注意する必要があります。